食育系のスキルはママの魅力をアップする

食育が大切

食べ物がたくさんある時代ですが、食育が大切であることへの関心が近年高まっています。

 

子どもの健康のために

食育系の資格を取ろうと頑張っているママさんたちも増えています。

 

「幼児食マイスター」の資格

子育て中のお母さんが育児中の子どもさんのために取得した人から特に高い評価を得ています。

 

食べ物がたくさんある時代ですが、食育が大切であることへの関心が近年高まっています。「食育」とは、食べることを通して生きていく力を育むということです。食べることは、生きていくことであり、食べたものが身体を作っていくのです。

 

ですから、健康を維持するために必要なものになるのです。特に、子どもを持つママさんたちは、食育の大切さを実感しておられることでしょう。この「食育」を子どもが幼いうちから伝えていくのは大切ですがどのようにしてできるでしょうか。

 

まず、親子が一緒に食事の準備をして、食事を共にする時間を共有していくならば、自然と身についていくのです。この野菜がどのように育って収穫されていくか、作ってくれた人について教えることができます。そうやって食物に対する感謝の気持ちを培うことができます。

 

子どもの健康のために、食育系の資格を取ろうと頑張っているママさんたちも増えています。スキルは、ママとして自信を持たせてくれますし、専門的な仕事もできるので、女性としての魅力をアップさせてくれることでしょう。子どもを持つママに役立つ食育系の資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

「幼児食マイスター」は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格です。子どもの身体づくりを理解して脳や神経細胞の成長に合わせた手作りの食事、骨や筋肉を成長させる食事を意識して最適な環境を作ることが大切になってきています。

 

この資格によって、皮膚に表れる蕁麻疹や赤み、かゆみなどの症状を起こすアナフィラキシー症状の予防や対策を身につけたり、適切な対処することができ、子どもの手づかみ食べ、遊び食べを克服するためのしつけができるようになります。

 

「幼児食マイスター」の資格は、子育て中のお母さんが育児中の子どもさんのために取得した人から特に高い評価を得ています。

 

ほとんどの人が取得して良かったと感じているのが特徴になっており、その後の仕事として活用されている人もいます。

 

幼児食マイスターの資格を活用することによって、なり手が少ない幼児食の解説や説明をする仕事にも就くことができますから、子供好きでそれを活かした仕事をしたい人にピッタリな資格です。

 

この資格を取得するのにオススメなのが、「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座です。幼児食マイスターW資格取得講座、幼児食マイスターW資格取得スペシャル講座は、幼児に必要な栄養や理想的な食事、子供の成長に合わせた食事に関する知識、レシピを学べて資格も取得できる講座になります。初心者でも問題なく進められるカリキュラムを採用しています。

 

ですから、誰でも安心して受講することができます。スペシャル講座では添削課題をすべてクリアしたならば、「幼児食マイスター」と「ベビーフードインストラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されるので、すぐにでも資格を取得したい人や、確実に資格を取得したい人にオススメです。

 

スキルを身に付けて、ママの魅力をアップしてみてはいかがでしょうか?

 

食事や育児スキルは一生役立つ

食事や育児に関するスキル

自分の家庭において大いに使えるものですが、スキルを活かすなら就職・転職も有利になります。

 

国を挙げた展開も活発

「食育基本法」や「食育推進事業」の制定という国を挙げた展開も活発になってきているので、これからの活躍の場も増えていくと思われます。

 

SARAスクールジャパンの講座

「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。

 

食事や育児に関するスキルは、自分の家庭において大いに使えるものですが、スキルを活かすなら就職・転職も有利になります。

 

食事や育児スキルは一生役立つといっても過言ではありません。食事や育児スキルを学ぶことによって、子どもの危険な添加物や食生活の乱れや安全性が問題視されている中で、食育を学ぶことで安全な食品の選び方や栄養を考えたレシピ、免疫力を高めてくれる食事法などを身に着けることができます。

 

「食育基本法」や「食育推進事業」の制定という国を挙げた展開も活発になってきているので、これからの活躍の場も増えていくと思われます。

 

例えば、日本インストラクター協会(JIA)主催の「ベビーフードインストラクター」の資格を取得すると、子どもの成長に合わせた食事に関する知識を持ち、エネルギーとなるもの(黄色)、身体をつくるもの(赤色)、身体の調子を整えるもの(緑色)といった、三食の栄養素がバランス良く含まれているメニューによって幼児の体質、体格、運動量によって食事量を考えていくことができます。

 

「ベビーフードインストラクター」は、子供の成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解していて、春夏秋冬の献立、キャベツやジャガイモ、レンコンなど幼児に与えるオススメの食材を使用した献立を考えて、食事を作ることができる人に与えられる資格になります。

 

通信教育・通信講座のSARAスクールジャパンでは、幼児食基本コース、幼児食プラチナコースの2つのコースが準備されており、プラチナコースを受講した人は卒業時に試験免除で資格が認定されるため、2つの資格を確実に取得することができます。SARAスクールジャパンで使用する教材はすべて完全オリジナルで、初心者でもわかりやすい内容で学びやすくなっています。

 

SARAスクールジャパンの講座は「輝ける女性部門第1位」、「美しくなれる通信教育部門第1位」などにも選ばれたことがあります。

 

やみくもに独学で学ぶよりも、こうした通信講座を活用する方が資格を早く取得できることでしょう。分からないことがあれば、プロの指導者に個別質問ができるようにもなっているので安心して受講できます。また、食事や育児スキルの資格を取得した後、自宅で活かすだけでなく、カルチャースクール等で講師活動ができますから、一生役立つ資格になるのです。

 

現場の知恵と合わせると効果絶大

資格を持っていることは、仕事を探すうえでも、仕事をはじめてからも有利になるものです。でも、ペーパー上で資格を持っているだけではあまり役に立たないかもしれません。その現場によって違いがあることが多いからです。

 

そのような時は、学んで得た情報だけに頼らないようにしましょう。現場で実際に学ぶことも多いからです。現場で磨かれた知恵を知ることは、かえって近道になるかもしれません。

 

そして、結局は自分のためにもなるのです。ですから、自分の受けた講座の内容だけに頼ったり、その講座が一番良いなどど主張することのないようにしましょう。長年その仕事に従事されている方の言うことや、やり方からも学んでいきましょう。

 

そのようにするなら、素晴らしい効果をもたらすでしょう。仕事のスキルアップを目指すなら、臨機応変に対応していきましょう。そして、その職場で必要とされる人材になれるよう努力していきましょう。

 

自分の持つ知識と、現場の長年の知恵を合わせることによって、双方に益があります。頼られる人材になり、時経つうちに自分のスキルを活かせる場面が訪れることを期待できます。

 

育児や日常生活の大きな助けになるスキル

育児や日常生活で疲れてしまうことがありませんか?頑張っているママには、ホッと一息休めてリフレッシュできる時間が必要です。そんなひと時を持てるならば、育児や日常生活の大きな助けになることでしょう。

 

たくさんの人に愛され続けているコーヒーは、日本でもなじみのある飲み物で、忙しくてカフェに行く暇がなくても、自宅で美味しくコーヒーを飲めたら良いと思われませんか?

 

そんなママに人気の資格です。まず、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「コーヒーソムリエ」の資格があります。「コーヒーソムリエ」は、コーヒー豆の知識から美味しいコーヒーの淹れ方や、焙煎、抽出方法、オリジナルブレンドまでコーヒーについての基礎知識を持っている人に認定される資格になります。

 

また、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する「カフェオーナースペシャリスト」の資格があります。「カフェオーナースペシャリスト」は、コーヒーについての専門的な知識や技術、マーケティングの基礎知識、開業計画などを理解して、実務で活用できる技能を有していることを認定する資格です。「コーヒーソムリエ」や、「カフェオーナースペシャリスト」の受験資格は特に定められていないので、誰でも気軽に受験することができます。

 

そして、受験方法が在宅受験ですので、自宅で受験することができます。育児などで外出することが難しい人でも受験ができますし、試験会場までの交通費も必要ないので近年人気になっている受験スタイルです。合格基準は、70%以上の評価が基準になります。

 

試験内容としては、コーヒー豆の特性や産地、見分け方、コーヒーカップの種類などのコーヒーに関する幅広い知識が求められています。

 

「コーヒーソムリエ」や、「カフェオーナースペシャリスト」の資格を取得するためにオススメなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「カフェ・コーヒーW資格取得講座」があります。認定試験の勉強はもちろん、教材セットの内容にエスプレッソマシンやサイフォンが入っていて、実際に学んだことを試すことができるのです。

 

このような資格を取得して、楽しみながら育児や日常生活を送ってみるのはいかがでしょうか?

 

食事や育児に関するスキルは、自分の家庭において大いに使えるものですが、スキルを活かすなら就職・転職も有利になります。

要点を紹介するキャラクター

 

ママにぴったりなスキル資格ランキング

ママにピッタリなスキル資格ランキングを見てみましょう。

食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーの特徴

第一位は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食育健康アドバイザー」の資格があります。「食育健康アドバイザー」として、食育の基本的な知識を有していることを認定されるので、資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師活動もできます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
食育健康アドバイザーの総評
  • 食育の基本的な知識
  • 食育と生活習慣病との関連性に関する知識
  • 食育に興味がある人を中心に現在取得者が増加しています
公式サイトへ

 

画像名を入力

管理健康栄養インストラクターの特徴

第二位は、日本インストラクター協会(JIA)主催の「管理健康栄養インストラクター」の資格です。「管理健康栄養インストラクター」として、ビタミン等の栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されるので、各栄養素を含む食材への知識や、食品表示の見方等、食品に関する理解度を深めることができるのです。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
管理健康栄養インストラクターの総評
  • ビタミン等の栄養素に関する知識
  • 腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識
  • 自分自身の持つ管理健康栄養の知識を他の人に伝えたいと考えている人にはぴったりの資格
公式サイトへ
第一位:食育健康アドバイザー

第一位は、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食育健康アドバイザー」の資格があります。

 

「食育健康アドバイザー」として、食育の基本的な知識を有していることを認定されるので、資格を取得した後は、自宅やカルチャースクール等で講師活動もできます。

 

食育基本法や、諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明される資格です。この「食育健康アドバイザー」の資格は、食育に興味がある人を中心に現在取得者が増加しています。

 

特に、子どもさんのいる主婦の人の取得率が増加しているのです。取得した知識がそのまま家庭に活かすことができるので、人気なのです。また、飲食業をしている人もメニューの幅を広げるために取得している人もたくさんいます。

 

食育というすべての人に関連する知識になるので、料理をする人はもちろんのこと、子どもさんがいる人や、健康に不安がある人など幅広い人にオススメの資格になります。

 

第二位:管理健康栄養インストラクター

第二位は、日本インストラクター協会(JIA)主催の「管理健康栄養インストラクター」の資格です。

 

「管理健康栄養インストラクター」として、ビタミン等の栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されるので、各栄養素を含む食材への知識や、食品表示の見方等、食品に関する理解度を深めることができるのです。

 

一般的な資格とは違って、講師向けの資格内容になっているため、自分自身の持つ管理健康栄養の知識を他の人に伝えたいと考えている人にはぴったりの資格になります。

 

比較的取得難易度が低いものの、栄養素が持つ働きや、人体に与える影響など、スポーツインストラクターに近い知識も必要とされるので、深い理解力や応用力が必要になります。そして、このような知識を人に説明できる能力が求められるのです。

 

子育てにぴったりなのは「食育資格」

子育てにピッタリなのは「食育健康アドバイザー」の資格
現在食生活の正しい知識
取得するのにオススメなのが諒設計アーキテクトラーニング

子育てにピッタリなのは、どの資格でしょうか?日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「食育健康アドバイザー」の資格があります。

 

「食育健康アドバイザー」とは、食育に関する知識を備えていて、その知識を他の人に教えたり、アドバイスすることができるプロフェッショナルに認定される資格です。

 

生活習慣病などの病気は食生活の乱れが原因と言われており、アレルギーなどの病気も食事と密接に繋がっています。ですから、現在食生活の正しい知識は、健康的な生活をしていく上で大切な知識になっているのです。

 

この「食育健康アドバイザー」は、健康に良いとされる食事や病気になりにくい食習慣、孤食などの現代の食生活の問題点を詳しく勉強して知識を深めることができるものです。

 

ですから、子育てにピッタリな資格と言えるのです。「食育健康アドバイザー」の資格を取得するのにオススメなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「食育健康アドバイザーW資格取得講座」・「食育健康アドバイザーW資格取得スペシャル講座」です。

 

「諒設計アーキテクトラーニング」の通信講座は、教育スクール.netのアンケートで「満足した通信講座1位」に選ばれています。

 

この講座では、食育の基礎知識や食事と健康の関係、栄養学や社会における食育について学習して、食育に関する「食育健康アドバイザー」と「管理健康栄養インストラクター」の2つの資格取得が目指せるのです。初心者の人でも問題なく進められるカリキュラムを採用しているので、安心して受講できます。

 

また、「食育健康アドバイザーW資格取得スペシャル講座」では、添削課題をすべてクリアしたトラクター」の2つの資格を講座卒業と同時に認定されるので、すぐにでも資格を取得したい人や、確実に資格を取得したい人にオススメです。

 

これらの講座を卒業した後、取得した資格を活かしてアドバイザーとして講師活動ができますし、食育のインストラクターとして活動することができます。「食」に関する場であるならば、需要のある資格ですから、色々な可能性が広がるのです。このように、食育の分野で研究されていることを学ぶことは、とても役立つことになります。

 

自分の子育てに用いるだけではもったいないと感じ、仕事に活かすママも大勢おられます。資格を持っていることは、信用度を高めますので、就職や転職の際にとても役立つといえます。人気がある資格を今のうちに取得しておくことができるかもしれません。

 

中でも、食育や成長サポートに関する資格はおすすめです。自分の子どもだけでなく、幼児食の悩みを持つ多くの方に解決策を示せるプロになれます。

 

食育や成長サポートに関する専門的な知識の資格を取って、子育てに活かしてみませんか。

 

幼児食資格はこちら

 

まとめ

ママさんたちの仕事は、何といっても第一に自分の子どもの育児であるといえるでしょう。

 

子どもが生まれる前は、食事を作ることが苦手だったママも、愛するわが子の健やかな成長を願って、だんだん上手に作ってあげられるようになり、子育てを楽しんでおられると思います。

 

今は、薬局やドラッグストア、コンビニエンスストアなどでも簡単に日持ちする離乳食が売られています。それらを買って活用することは決して悪いことではありません。忙しいママさんたちにとってお助けグッズになっていることも否めません。

 

でも、子どもの健康のことを考え、自分で食材を選び、作って食べさせてあげたいと思って、専門的な知識を得たいと思うママも増えているのです。

 

そんな時は、まず、育児書や子どもの年齢に合わせた料理法などを勉強して当てはめておられるのではないでしょうか。中には、専門分野を本格的に学ぼうと決意し、資格を取ることを目標にされている方もおられます。

 

働くママの背中を押してくれる資格取得、今年の目標にしてみませんか。

更新履歴