忘れ物が多い子どもにかける言葉

うちの子はどうしてこんなに忘れ物が多いのだろうと悩むことはありませんか。いつも、何かしら忘れ物があると、がっかりします。忘れ物に気づいた時、慌てて届けますか。

 

そうすると、子どもは忘れ物をしても親が届けてくれると思い、忘れ物をしないように努力しようという意識が低下してしまうかもしれません。

帰宅後の会話が大切

学校で使う、必要な物を忘れた場合、また忘れたわね。とか、なぜ忘れ物ばかりするの?という否定的な言葉をかけてしまいがちです。

しかし、そのような言葉よりも、どうすれば忘れ物がなくなると思う?と聞いて、問題を解決する方法を自分で考えさせることが良い方法です。
そのように考えさせるなら、自分自身の行動を振り返り、忘れてしまった原因を考えるでしょう。持って行くべき物が見つからないことが原因ならば、忘れないように目立つところに置いておくことができるでしょう。

 

そのために、整理整頓が必要だと気付くかもれません。朝、少し早めに起きて、持って行く物の確認をするなら、忘れ物を減らすことができるでしょう。

 

風水の知恵で工夫してみよう

忘れ物が多い子どもの部屋を、風水の知恵を取り入れて、家具の配置や方角を見直してみることができるかもしれません。風水では、子どもの集中力を高めるため、机は大きな窓の近くに置かない方が良いとされています。窓が大きくて明るいと、風水では陽の気が強くなり、気が散るようになるといわれています。また、道路沿いの窓際にも机を配置しないようにしましょう。

 

風水では望空といって、窓の外が気になり、集中力を失わせると考えられています。部屋は、東向きがおすすめです。朝、太陽のエネルギーを浴び、体内時計が働くので目覚めが良くなります。早起きで時間の余裕を持って学校の準備ができれば、忘れ物を減らすことにつながるでしょう。

 

まとめ

風水という古くから存在している知恵を、生活に取り入れることができます。風水の知恵を用いて、子どもの忘れ物を減らすことができたら良いと思いませんか。

 

ママたちに人気の風水の資格に、「風水セラピスト」、「風水アドバイザー」、「風水鑑定士」といったものがあります。すぐに取り入れ、当てはめることができますので、興味のある方は資料を取り寄せてみるのはいかがですか。そして、資格を取って、自分のご家庭において、また、風水のプロとして活躍することができるでしょう。

 

関連ページ

育児に役立つ資格とは
子どもを育てるのに役立つ、「チャイルドケア」という資格があります。子育ての基本を学べる資格で、親も子もストレスのない生活を送るのに役立ちます。対象となるのは、赤ちゃんから小学校低学年くらいまでです。
子どもの食事や世話に関わる資格が人気
。乳幼児期というのは、口にする食べ物の味を覚えたり、将来の食習慣を形成するうえでとても重要な時期となります。親や、周りにいる大人は、その点で責任ある立場にいるといえます。
食育や成長サポートの資格を役立てよう
資格を持っていると、就職や転職の際に役立ちます。子育て中のママさんなら、自分の子育てにも役立ちますし、子育てが一旦落ち着いた時に、資格を活かして働くこともできます。
家をきれいにするための資格
最近では、プロの掃除の技術を学んでみたい方、資格を取りたい方が増えています。清潔で、いつも整理整頓されている家というのは、居心地が良いものです。
家族を守れる風水資格も人気
どんな点でしょうか。風水では、住居の内や外にある「角」や「棘」が原因と考えます。窓、玄関から、隣の建物の角が見えていませんか。壁の曲がり角、柱の角などは「尖角」といわれ、建物全体の気を集めて放射する働きがあるとされています。
家具や家電の配置のアイデアに風水がおすすめ
タンスやクローゼット、本棚や食器棚などの大きな家具や重たい家具は、凶方位に配置すると良いとされています。
漢方や薬膳で免疫力アップを目指そう
いつまでも健康でいたい、病気になりたくないというのは、誰もが願っていることです。では、いつまでも健康でいられるようにするためには、免疫力をアップさせることがポイントになります。
幼児食資格でもっと子どもが元気になる
仕事で忙しく、簡単な食事で済ませてしまうこともあります。逆に、子どもの健康のため、完璧なメニューにこだわり過ぎたり、凝り過ぎてプレッシャーを感じたりして長続きしなかったりすることもあります。
パパのやる気を引き出せる風水的アイデア
パパのやる気がなかなか出ないということはありませんか。パパのやる気を引き出すために、風水の知恵が役立つとされています。
親子喧嘩が無くせる風水的アイデア
風水の知恵を用いて、親子の仲を良くすることはできるのでしょうか。親子関係も人間関係ですから、喧嘩を無くして円満にするというアイデアがあります。
子どものやる気を引き出す子供部屋の工夫
なかなか子どもが勉強してくれない、やる気が出ない、そんな悩みを良く耳にします。何か原因があるのでしょうか。参考になる考え方の中に、「風水」というものがあります。
トイレやお風呂を汚しにくくする工夫まとめ
毎日使うトイレは、いつもきれいにしておきたいものです。トイレに付いてしまった汚れをそのままにしておくと、ますます落としにくくなってしまいます。付いてしまった汚れは落とし、汚れを付けにくくする方法があったら実践したいと思います。
高校生の世話がしやすくなる工夫とアイデア
自分の子どもが小さい頃、このような子になってほしいという理想があったことでしょう。でも、だんだん大きくなってくると、理想と現実がかけ離れているように思えるかもしれません。
男子の育て方とママの負担を減らす工夫
月齢、年齢によっても対処法は違います。赤ちゃんのことは、世話をしてくれるママに強い愛情と執着心を抱いているので、ちょっとママと離れるだけで泣き出したり、ママの関心を引こうとして大きな声で泣きわめくこともあるかもしれません。
女子の育て方と負担を減らす工夫
ママは、女の子と同姓ということもあり、気が合うということも多いと思います。顔が似ていたり、嗜好が似ていたりすると、つい自分と重ねてしまうかもしれません。
効率的にお風呂に入らせる方法
お風呂は、一日の疲れをとることができる癒しの時間です。でも、子どもの中には、なかなかお風呂に入ろうとしてくれない子がいます。
朝ごはんを完食してもらえるレシピ&アイデア
子どもが喜んで食べてくれる、朝ごはんの良いアイデアがあります。子どもの朝ごはんの定番メニューといえば、トーストです。トーストにかわいい表情をつけてあげると子どもは喜んで食べてくれます。
子どもが早寝早起きできるアイデア
古くから、「早起きは三文の得」といわれているように、早寝早起きは良いことです。それは、大人だけでしょうか。そうではありません。
家事が楽になるライフハックまとめ
ライフハックとは、作業を簡単に、効率良くする裏技のことです。家事においてライフハックはすぐに使うことができてとても便利です。子どもが思う通りにしてくれないとイライラの原因になってしまいます。ちょっとしたポイントでママも子どももストレスが減ったら良いですね。
キッチン心理カウンセラーになるには
今人気急上昇の資格に、「キッチン心理カウンセラー」というものがあります。食べ物が体と心を元気にしていくしくみや、キッチンの周りを使いやすく片付けて、快適に過ごせるための工夫なども学びます。
漢方薬膳資格を取るには
現代医学は、身体の部分を診て悪い物を取り除く対症療法を行いますが、漢方医学では、身体の全体を診てバランスを整えます。そして、植物の力を最大限に活用し、体質を改善していくという根本療法です。
風水資格を取るには
多くの方に人気の風水の資格があります。どのようなことを学ぶのでしょうか。「風水アドバイザー」や「風水セラピスト」という資格があります。
幼児食資格を取るには
近年の核家族化や傾向に伴い、家族の人数が減り、幼児食の知識がないまま子育てをしている若い世代も多くなっています。幼児食は、子どもの健康に直接関係がある重要なものですが、知識がないと幼児食を軽く見てしまい、小さなうちから生活習慣病になってしまう子どももいます。
食育資格を取るには
食育の大切さについて、最近よく耳にするようになってきました。食事の時間が不規則だったり、栄養の偏った食事ばかり摂っていると、体だけでなく、心の健全さも失われるといわれています。食