子どもの身長を伸ばすには

身長が低いお子さんは、早く背を伸ばしたいと思っていることでしょう。子どもの身長を伸ばすためには、様々な要素が関係しています。その点で、どのようなものを食べるかという要素は重要といえます。とはいえ、これさえ食べていれば身長が伸びる!というような完璧な食べ物があるわけではありません。身長が伸びる、つまり、骨がスムーズに成長するには、タンパク質・カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・亜鉛などの栄養素を十分摂取することが必要です。これらの栄養素を、毎日の食事でバランス良く摂りましょう。

 

身長を伸ばすのに適している食材

タンパク質:牛肉・豚肉・鶏肉・マグロ、カツオ、サンマなどの魚類・たまご・豆類・乳製品です。タンパク質は、アミノ酸が集まってできた栄養素です。骨の芯の部分というのは、コラーゲンというタンパク質の1種からできていますのでタンパク質が豊富な食材を摂るのは効果的です。カルシウム:小松菜・野沢菜・チンゲン菜・大豆製品・乳製品・ごま・ワカメ・しらすなどです。成長期の骨というのは、毎日生まれ変わっています。ですから、一度にたくさん摂るというのではなく、毎日継続して摂るようにしましょう。

 

マグネシウム:ほうれん草・牡蠣・カツオ・大豆・落花生・アーモンドなどです。マグネシウムは、骨の強度を高めるのに役立つミネラルです。また、タンパク質の合成を高めたり、エネルギーの代謝にも役立ち、体の機能調節をしてくれるミネラルです。ビタミンD:鮭・カツオ・サンマ・ブリ・しめじ・しいたけ・干ししいたけなどです。ビタミンDは、脂溶性のビタミンで、カルシウムの吸収をスムーズに行ったり、カルシウムを骨に沈着させる働きがあります。亜鉛:和牛モモ肉・豚モモ肉・豚レバー・牡蠣・ホタテ・納豆などです。亜鉛は、骨の成長を助ける栄養素です。成長期の骨の細胞の代謝をスムーズにしてくれる大事な栄養素です。

 

子どもの成長に役立つ資格

子どもの成長に役立つ資格に、「管理栄養士」というものがあります。食に関する専門知識が学べ、ひとりひとりに合わせて栄養指導や栄養管理を行うことができます。乳幼児期から、高齢期まで、食事や栄養についてのアドバイスをしたり、栄養状態の管理をしたり、専門的にサポートすることができます。

 

まとめ

子どもの身長を伸ばすには、様々な栄養素をバランス良く摂ることが大切ということでした。専門的な知識を学んで、その知識を活かしてみませんか。「管理栄養士」という資格を取得して、家族だけではなく、多くの方の役に立ってみませんか。

関連ページ

食育で家事が楽になる!?
「食育」を一言で表すなら、食べることを通して生きていく力を育むということです。食べることというのは、生きていくことであり、食べたものが体を作り、健康を維持するために欠かせないものとなります。
子どもがママに求めていること
子どもと毎日接していると、ワンパターンな会話や遊びになってしまうかもしれません。ママも家事をこなしながら、家族の世話もありますので、子どもの一番必要としているものに気づけないこともあるでしょう。
子どもに食べさせると良い食材
DHAは、脳神経の発育を促し、精神を安定させる働きがあります。さらに、カルシウムも多いですし、カルシウムの働きを助けるビタミンDも含まれていますので、骨や歯が成長する時期にはとても良い食材です。
ママの魅力がアップするスキルを身につけよう
結婚、妊娠、出産は、働く女性にとって変化の時となります。出産を機に仕事を辞めて家庭に入ったり、一定期間産休・育休を取得される方もおられると思います。