子どもの成長に良い食材が欠かせない

よく知られていることですが、人間の脳というのは、3歳くらいまでに80%が完成されるといわれています。その、大切な時期に栄養豊富な良い食材を食べさせたいものです。

 

 

子どもに食べさせたい食材

ほうれん草:ビタミン、ミネラルが豊富な食材です。

 

また、脳の発達に有効な亜鉛も含まれています。赤ちゃんには欠かせない鉄分も多く含まれています。小松菜:骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。

 

野菜の中では一番多く含まれています。積極的に摂り入れたい食材です。ニンジン:β-カロチンが豊富です。

 

β-カロチンは、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を健康に保ち、細菌やウイルスの進入を防ぐという働きがあります。しいたけ:ミネラル、食物繊維が豊富です。ビタミンDも多く、カルシウムの働きを約20倍にしてくれます。

 

骨や歯を丈夫にしてくれます。また、脳の発育を助けたり、神経を鎮静させ、精神を安定させる効果があります。干ししいたけは、生のしいたけよりもビタミンDが10倍になります。

 

豆腐:大豆を加工してできているので、良質なタンパク質、鉄分、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1などが豊富に含まれています。また、大豆はそのままだと消化がよくないですが、豆腐にして食べると92〜98%が消化され、吸収率が高くなります。いわし:DHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富です。

 

DHAは、脳神経の発育を促し、精神を安定させる働きがあります。さらに、カルシウムも多いですし、カルシウムの働きを助けるビタミンDも含まれていますので、骨や歯が成長する時期にはとても良い食材です。

 

資格にも注目してみよう

子どものために、どんな食材を食べさせたら良いかが学べる資格があります。

 

食育に関する資格を持っていると、どんなメリットがあるでしょうか。おいしくて、健康にも良い食材の選び方を学べます。また、食事の作り方、心と体の健康づくりを学べます。

 

そして、学んだ事柄を他の人に提案することもできます。たとえば、食育に関する基礎知識を学べる「食育アドバイザー」という資格があります。食育基本法のコンセプトに沿い、食育の基礎から、もっと幅広いテーマまで学ぶことができる「食育インストラクター」という資格もあります。

 

さらに、食に関する深い知識を学べる「食育スペシャリスト」などの資格もあります。

 

まとめ

子どもの健康を願う親は、体に良い食材を選びたいと思っておられるでしょう。興味のある方は、この機会に専門的な知識を学び、資格を取ってみませんか。

 

無料で資料請求できます。まずは、そこから始めてみませんか。

関連ページ

食育で家事が楽になる!?
「食育」を一言で表すなら、食べることを通して生きていく力を育むということです。食べることというのは、生きていくことであり、食べたものが体を作り、健康を維持するために欠かせないものとなります。
身長を伸ばしやすい食材
身長が低いお子さんは、早く背を伸ばしたいと思っていることでしょう。子どもの身長を伸ばすためには、様々な要素が関係しています。その点で、どのようなものを食べるかという要素は重要といえます。
子どもがママに求めていること
子どもと毎日接していると、ワンパターンな会話や遊びになってしまうかもしれません。ママも家事をこなしながら、家族の世話もありますので、子どもの一番必要としているものに気づけないこともあるでしょう。
ママの魅力がアップするスキルを身につけよう
結婚、妊娠、出産は、働く女性にとって変化の時となります。出産を機に仕事を辞めて家庭に入ったり、一定期間産休・育休を取得される方もおられると思います。